株式会社アイル

福岡の任意売却は株式会社アイルにお任せください。
住宅ローン返済・滞納でお困りの方や競売でお悩みの方は任意売却で解決を!

任意売却とは
競売とは
実績紹介
よくある質問
アイル管理・売買ページへ
アイルは、福岡市内及び近郊のマンション・アパートや戸建住宅の売買、仲介、賃貸、管理を地元密着で営業している総合不動産会社です。お気軽にご相談ください。
パソコンでもスマートフォンでもカンタンお部屋探し♪福岡市の部屋探しならアイルで!
パソコンでもスマートフォンでも
カンタンお部屋探し♪
福岡市の部屋探しはアイルで!

任意売却とは?

任意売却とは、債務者(不動産ローンの融資を受けている人)と各金融機関(債権者・抵当権者)との合意のもと、入札開始前に債務を整理して、競売の対象となる不動産を任意に売却することです。
債務者(ローンの借主、たとえば貴方)が住宅ローン・借入金等の支払いが何らかの理由で困難になった場合には、債権者(金融機関などの抵当権者)が担保不動産を差押え、不動産競売の申立てをします。任意売却は、この競売で処理される前に債権者にお願いして一般販売をさせてもらいます。
債権者側のメリットは、競売で回収するお金よりも、ちょっとだけ多く回収できるということがあげられます。貴方にとってのメリットは、任意売却処理後の借金の返済に柔軟に対応してもらえることがあげられます。その他、話し合いにより、債権者から引越し費用等を手当てしてもらえることもあります。
任意売却の任意の意味は、”当事者の意思による”という意味です。売却とは、文字どおり売って処分をすることです。

任意売却なら、競売決定通知が来てしまってからでも間に合います

担保不動産競売決定通知が来てからでも任意で物件を売却することが可能です。この競売決定通知を受け取ってしまった場合は時間との競争になります。そのまま放っておくと「入札期日」の通知が送りつけられてきます。この「入札期日」が届いてから慌てて任意で物件を売却をしようとしても理論的には可能ですが、現実問題としては不可能です。
また、債権者によっては、任意売却を認めてくれない場合も多々あります。任売を認めてもらえなくとも細いながらも道はあります。ともかく、この競売開始決定通知が届いたら速やかに行動を起こしてください!

競売の処理のスピードが非常に早くなってきています

2007年10月末以降は、競売にかけられた方々への状況が変わってきています。
今までは、競売を申し立てられてから約6か月~7か月後に入札となっていました。しかし、ここに来て、競売の申立から3か月後には競売入札となってしまうケースが増えて来ています。以前から、競売の申立から4か月後には入札というサービサーは存在していましたが、それは少数派でした。今後は、逆に6か月後に入札というほうが少数派になる可能性が考えられます。
競売を申立られた方の場合の任意売却は、競売と任売の競争となっています。今までは比較的時間に余裕がありましたが、これからは非常に苦しい状況にならざるを得ない状況です。
これはサービサーなどの債権者が不良債権の処理を早めたいが為の処置です。また、住宅金融支援機構のほうでも、一度、競売になってしまった場合などは容易に任意売却を認めなくなっています。
競売の通知を受け取ってしまってからは、今までとは違いあまり残された時間がありません。

任意売却のほうが競売より有利

任意売却は短期間で問題を処理できますので、これ以上の延滞金の発生も防げます。少しでも高額にて売却できれば、債権者への支払いをより多くできます。競売されるはずの該当不動産を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に限りなく近い価格で売却を試みるのが任意売却/任意売買です。
一部の業者では「任意売却」よりも「競売」の方が高く売れるということを主張しています。この主張は間違いではありませんが、これは大都市圏の極々一部の物件のみを指していわれていることです。ご相談・ご依頼は無料ですので、まずはご連絡ください。
いますぐ問い合わせる

任意売却後に残った債務

任意売却をしてたとえ債務が残っても、債権者・抵当権者の合意を得て任意売却した場合は、競売とは違い、新たな生活をスタ-トするのに支障のない範囲(たとえば月に1万円とか2万円、3万円)で残債務を毎月支払っていけば、常識的な債権者・抵当権者は給与差押などの強制執行は行いません。

任意売却のメリット

  • 任意売却することにより市場価格に近い価格で販売できる
  • 債権者へより多くの返済が可能となる
  • 一般の売却と同じ方法で販売するので近隣に秘密にできる
  • 任意売却後の債務の返済も柔軟に対応してもらえる

下記の滞納分・費用も債権者より支払われます

  • 滞納分管理費(マンションなど管理費のある場合)→管理組合へ
    (金額の大きさにより変わる場合もあります)
  • 抵当権抹消費用→司法書士へ支払い(債権者との話し合い)
  • 抵当権の解除の書類代→抵当権設定者・利害関係人へ支払い
  • 滞納している税金→原則、役所との話し合いです。支払われないこともあります。

任意売却のデメリット

任意売却をすると、いわゆるブラックリストに記載されます。もっとも、任意売却をしたからブラックリストに記載されるのではなく、住宅ローンを3か月滞納した時点で、すでにブラックリストへ登録されていますが・・。

任意売却の流れ

Step 1 お問い合せ
第一歩は、まず私どもにご相談するところからはじまります。経験豊富な不動産任意売却専門スタッフが最後の最後まで責任を持ってお世話させていただきます。
Step 2 専任媒介契約・業務委託契約
ステップ1でお話を伺い、ご納得いただければお客様の物件を販売するために、また債権者と交渉にあたるために、専任媒介契約を結んでいただきます(費用は一切かかりません!)
Step 3 現地調査・販売活動
ご依頼者様の住宅ローン返済の状況・債権者の状況をリサーチ・分析し、任意売却の立案をします。
債権者との交渉そして同意を得て、物件の販売活動を行います。
積極的な販売活動により、買主を見つけます。
Step 4 債権者との交渉
買主がみつかると、債権者との販売価格の交渉を行います。
債権者全社と抵当権の解除、差押えの取り下げの交渉を行います。
上記行程と平行して、必要に応じてご依頼主様の引越し先を探します。
残債務に関する支払いの交渉を行います。
Step 5 債権者との合意・売買契約
売買代金の決済を行い、物件のお引き渡しを致します。
債権者より仲介手数料の清算を行います。
※引っ越し費用を出してくれる債権者もあります。
以上が一般的な「任意売却の流れ」ですが、お客様の事情により多種多様なケースがあり、その方法もさまざまです。お客様と担当業者とで入念なお話し合いを行い、お客様にとって最良の方法で対処して参ります。また、状況に応じ専門の弁護士などの紹介も行います。まずはお電話またはメールでご相談ください。
いますぐ相談する

任意売却チェックシート

下記のケースにあてはまるのなら任意売却です

下記のケースに貴方があてはまれば、できるだけ早く任意売却をすることを強くお勧めいたします。
  • 住宅ローンが返済できず、催告状などが届いている方
  • 不動産をお持ちの自営業者の方で、住宅ローン以外の借入金があり、返済できずにお悩みの方
  • 債権者から所有する不動産に対して、競売を申し立てられている方
  • 借入金が多く、破産申し立てを考えている方、申し立て中の方、免責が決定している方
  • その他、不動産関係(借地・相続税)の事でお悩みの方
上記のいずれかの項目にあてはまってしまう貴方には、少しでも有利になるような物件の売却方法を提案しております。
いますぐ問い合わせる
COPYRIGHT (C) I'll CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
PAGE TOP